Print Shortlink

育児に重点を置いたライフスタイルの実現

子供が生まれてみるとその可愛さに駆られるのは親心としてもっともであり、育児に重点を置くライフスタイルを実現したいと考えるでしょう。看護師でもそれは同様なことですが、仕事もしたいという気持ちがあると専業主婦になってしまうのもはばかられます。その際の解決策として二つのアプローチがあると知っておくと良いでしょう。

一つは病院が提供している育児支援制度を利用する方法です。24時間体制で運営されている託児所を提供している病院や、近隣の保育園と提携して長時間預かってもらえるサービスを提供してくれている場合があります。また、時短勤務の制度を導入していて、育児期間中は労働時間を短くして残業や夜勤もないという措置を取ってくれる病院もあるのです。こういった制度を利用すると育児に費やせる時間を確保しやすくなるでしょう。

もう一つは勤務スタイルをライフスタイルに合わせるという方法であり、常勤で働くのを諦める選択をすることになります。常勤では看護師の仕事に重点を置かなければならなくなってしまっても、パートやアルバイトで働けばバランスを取りやすくなるのです。子供が育っていくのに合わせて仕事の量を増やしていき、最終的には常勤に返り咲きするという道を考えておけば良いでしょう。仕事を見つけやすい看護師だからこそ取りやすい勤務スタイルであり、育児に十分に時間を取りながらも働き続けたいと考えたら最も有力な候補となる方法です。