Print Shortlink

女性看護師としての柔軟なライフスタイル

現場で多数を占める女性看護師のライフスタイルは、長期的な視点から看護免許は基本的に一度取得すれば生涯有効であり、また職場を変えることが珍しくない業界に於いて、個々の人生の転機や女性としての転機を踏みながら、時々の状況に応じ柔軟なコーディネートが可能です。実際に、日本国内では以前から続く人材不足が未だ解消されておらず、加えて高齢化社会を迎えたことから、更にその人材需要が拡大しています。

そして、医療分野では専門性の細分化に伴い、大規模総合病院等ではチーム医療が導入されつつあり、医療サービスを受ける機会の均衡と云う点からは地域医療への取り組みも進んでいます。また、介護福祉分野では全国の多くの地方自治体で既存の施設やサービスのみでは不十分であることから、民間の力も借りてその充実と拡大に努める状況にあります。これらのことから、看護人材の需要の実情はそれ自体の高さばかりでなく、多岐に渡る幅もあります。

そこで、看護師として働く女性は、その多くが新卒後大きな病院でキャリアを積むことを目指しますが、個々に結婚や出産、育児など人生の転機があり、また心身の変化など女性特有の転機も迎えます。それ故に業界の中で職場替えが頻繁に行われる風潮がある一方で、現在の人材需要拡大からは更に職場や働き方の選択肢が増えています。そのため、女性看護師のライフスタイルは状況に応じて柔軟なコーディネートが可能な状況にあり、殊に自らの主導で多彩な人生のデザインが図れる環境にあります。